拠点を超えて全社員へ情報共有を実現!課題から社員みんなの不安までSolanowaが拾い上げ社内のキャッチボールツールとして貢献

お客さまの事業内容

サツドラホールディングスは、北海道で地域医療対応型ドラッグストアチェーン「サツドラ」の運営を中心に、地域マーケティング・商品開発事業・エネルギー事業など、各事業が有機的につながりあい、点ではなく面でビジネスを展開。リテールとマーケティングの融合によってお客さまのより身近な場所から、"暮らし変革"を実現していきます。

会社名:サツドラホールディングス株式会社

設立:2016年(平成28年)8月16日

従業員数:2,617名(うち、パートタイム及びアルバイト1,562名)(2021年5月15日現在)

所在地:〒060-0908 札幌市東区北8条東4丁目1番20号

事業内容:ドラッグストア事業、地域マーケティング事業、調剤事業、卸・商品開発事業、エネルギー事業事業

インタビューの見どころをご紹介

「サツドラウェイ」を体現していくには、全員が気づきを得られる場としてWeb社内報が必要でした。

Solanowaを導入いただいているサツドラホールディングス(代表取締役社長兼CEO・富山 浩樹さま)と対談インタビューを行いました。サツドラホールディングスでは、これまで紙の社内報を運営していましたが、リアルタイムでよりインタラクティブに「社員が参加できる」情報共有ツールを模索していました。また、店舗や拠点を超えて運営が可能である点や、アルバイトやパートも社員みんながアクセスしやすい仕組みも実現できるツールとして、Solanowaにアドバンテージを感じたそうです。社内のキャッチボールツールとして期待を寄せているSolanowaについて、導入に至る経緯や決め手となったポイントや、Web社内報に寄せる想いなどをお聞かせいただきました。

他にも多数ユーザー事例を用意しています!詳しくは事例集をダウンロード

ダウンロードはこちら