solanowa_case_thumb_GMO-PG.jpg

 

Solanowaを活用し、国内・外の拠点やフロアの異なる仲間たちともコミュニケーションを図れるようにすることでチーム力を高めたい

お客さまの事業内容

GMOペイメントゲートウェイは、ネットショップなどのオンライン事業者、NHK、国税庁や東京都等の公的機関など10万店舗以上の加盟店に、総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを提供しています。決済サービスを中心に、加盟店の成長に資する付加価値サービスを提供し、年間決済処理金額は4兆円を超えています。(GMO-PG連結企業群2019年6月末現在)


会社名:GMOペイメントゲートウェイ株式会社

設立:1995年3月

従業員数:756名(2018年9月末現在)

所在地:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-14-6 ヒューマックス渋谷ビル

事業内容: 総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス

導入前の課題

事業成長に伴う拠点拡張により、別拠点の新しい仲間とも顔を見て交流を図れる対策が必要だった。

 

GMOペイメントゲートウェイは、1995年3月に創業。ネットショップなどのオンライン事業者、 NHK 、国税庁や東京都等の公的機関などの加盟店に総合決済サービスを提供し、決済業界のリーディングカンパニーとして、日本のEC市場の成長を支えてきました。おかげさまで、2005年の上場以来、平均20パーセント以上の利益成長で増収増益・増配を達成し続けています。

しかし、一方で事業の成長とともに社員数が増えることで、拠点やフロアの異なる社員の顔や名前を覚える機会を持ちたいという声が上がってきました。また、主な情報伝達方法がメールだったのですが、事業部が増えることで共有しなければならないメールの数も増加し、重要な情報のピックアップも大きな課題となってきました。

 

この課題を解決する方法が Solanowa に!詳しくは事例集をダウンロード

 

ダウンロードはこちら