solanowa_case_thumb_FujitaKanko.jpg

約4,500名のスタッフ全員へ、経営メッセージを伝えるためSolanoweaを通じてコミュニケーションをとりながら繊細なフォローを

お客さまの事業内容

藤田観光は日本における観光業界の先駆けとして1948年に「箱根小涌園」を開業し、以来、「椿山荘」や「ワシントンホテル」、「太閣園」をはじめ、宿泊、リゾート、婚礼、レジャーなどの事業を積極的に展開してきました。そして、これからも時代の変化の一歩先を行く様々な「憩いの場」と「温かいサービス」を追求していきます。

会社名:株式会社藤田観光

設立:1955年11月

従業員数:1,515名(2018年12月31日 現在) 他 期中平均有期雇用者数 3,064名

所在地:〒112-8680 東京都文京区関口2-10-8

事業内容:ホテル・旅館業、飲食店業他

導入前の課題

隔月で発行している社内報誌以外に経営メッセージや業界知識の「今」を伝えるツールがなかった。

藤田観光は、観光業界の先駆けとして1948年に当社のルーツである「箱根小涌園」を開業し、以来、宿泊、リゾート、婚礼、レジャーなどの事業を展開してまいりました。1955年の創立から現在では、グループ全体で約1,500名(有期雇用者数を含めると約4,500名)のスタッフを抱える企業に成長しております。

一方で、全国各地で勤務する全スタッフへ向けて経営メッセージを情報発信できるツールは、隔月で発行している社内報しかありませんでした。しかし、紙媒体のため、どの程度の人が読み、経営メッセージが浸透しているのかわかりませんでした。また、現場から全社へ向けてリアルタイムに情報発信できるツールもなく、今まで培ってきたノウハウや、私たちが働くモチベーションの根底にある「お客さまの声」が事業所内の共有で止まってしまい、全スタッフへの共有があまりできない状態でした。

この課題を解決する方法が Solanowa に!詳しくは事例集をダウンロード

ダウンロードはこちら