KNT-CTホールディングス株式会社さま

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • hatena
  • URLをコピー URLをコピーしました

Solanowa_CaseStudy_KNT-CT-HD_image_main.jpg


ユーザー数無制限を有効活用!グループ全社とOBを含む約6,000名のコミュニケーションをつなぐWeb社内報が誕生

お客さまの事業内容

KNT-CTホールディングスはこれまで、「旅」を通じて多くの人の人生をアップデートし続け、非日常を体感できる豊富なプランの開発やビジネス需要への対応、さらに年齢や障がいの有無を問わず誰もが楽しめる多様な「旅」の開発を続けてきました。皆さまに信頼され愛されるパートナーとして、社員一同が鋭意努力してまいります。

会社名:KNT-CTホールディングス株式会社
設立:1947年(昭和22年)5月26日
従業員数:5,011名 ※グループ外出向の社員も含む
所在地:〒163-0239 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル
事業内容:体旅行事業、個人旅行事業、メディア型旅行事業を中心としたグループの経営戦略・経営管理

導入前の課題

コロナ禍で休業や時短を迫られた社員への情報共有とコミュニケーション減少に危機感

KNT-CTホールディングスは、「近畿日本ツーリスト」や「クラブツーリズム」をグループに擁し、旅行事業をはじめとしたグループ各社の経営管理を行なっております。1955年から社内報「ひまわり」を発行しており、近年では年に4回発行していましたが、社員の手元に届く頃には情報の鮮度が落ち、数ヶ月のタイムラグが生じてしまう点に物足りなさを抱えていました。また、SDGsの推進から印刷配送による環境へのダメージも配慮していく必要性を感じていました。そして何よりも、旅行業界が多大な影響を受けたコロナ禍により、休業や時短を余儀なくされていた社員へタイムリーに情報を届けることができなくなりました。社内報が配布できない状態と重なったこともあり、このままではグループ全社での情報共有に加え、社員同士のコミュニケーションのきっかけが減少する危機感を早急に打開する必要がありました。

詳しくは事例集をダウンロード

送信フォーム